LECLERC BRIANT

LB-NEW-LOGO.jpg
_I4A9901 (1).jpg

Founded: 1872
Region: Epernay/Champagne/France
Wine Maker: Hervé Justin

Abyss 2013 (1).jpeg

“Nature is stronger than people and we humans cannot control it. 

Nature is more intelligent and powerful than we are.”

The history of this special house began in 1872 in the village of Cumières with Lucien Leclerc, son of a family of grape growers from Äy. It was Bertrand Leclerc, the 4th generation off the family, who began steering the house in a new direction, undertaking organic winemaking practices as early as 1947. The business moved to the premises it still occupies today in Chemin de la Chaude Ruelle in Epernay in 1955, and Bertrand Leclerc and his wife Jacqueline Briant established the company Leclerc Briant. Bertrand was one of the first winemakers to stop using chemical fertilisers and pesticides in the fifties with organic viticulture in Champagne and ten years later he was already experimenting with biodynamic viticulture – which was almost non-existent in Champagne at the time.

vinyard 2016.JPG

Unfortunately, tragedy struck in late 2010 with the untimely death of Pascal Leclerc Briant, a true Champagne pioneer. His four daughters briefly took over management of the estate, but there were difficulties in running the business for them, ended up selling more than 50% of the vineyards primarily to the Lanson BCC group and Louis Roederer. As Leclerc Briant was the largest single biodynamic producer in Champagne, the latter of which became the biggest organic and biodynamic producer in the region as a result, and famously lead the field today. Their holdings reduced to some 13 hectares, but salvation came in the form of American investor Mark Nunnelly and his wife Denise Dupré, bought the brand, its winery and cellars in 2012.

20170628_MKB_0406_original.jpg
20170628_MKB_0416_original.jpg

The character and personality of a house such as Leclerc Briant is not moulded by any ordinary people. The five successive generations of Leclercs were true innovators and are counted amongst the pioneers of organic and biodynamic viticulture in Champagne.

2016%20Aug%20(4)_edited.jpg
vinyard 2016. 2.JPG

In 1990 his son Pascal Leclerc Briant took a bold step and adopted biodynamics on a full half hectare of vines. He persevered for more than 10 years, and with like-minded vignerons, paved the way for the biodynamic Champagnes. In 1999, by which time Pascal had taken over the business, the bold decision to gradually convert the entire estate to biodynamic farming was made. By 2010, Leclerc Briant owned around 30 hectares of vineyards, largely in the villages of Cumières, Hautvillers, Damery and Verneuil, making them the largest biodynamic champagne producer in the region.

DSC_0242 copie.jpg

The champagne house is no longer in the possession of the family, but general director Frédéric Zeimett who is a native of Champagne with vast experience in the world of fine wine, and chef de cave Hervé Justin who is a Champagne expert who has worked with Leclerc Briant for many years, crafted a vision to breathe new life into Leclerc Briant together to restore its soul and to reclaim its place as a leader in Champagne. The bold and inventive spirit of the Leclerc family lives on today, continuing the tradition of producing Biodynamic wines, not so much as an aim in and of itself, but rather, as a means of creating the highest possible quality Champagnes.
In recent years, the premises have extensively refurbished and improved so as to provide all the facilities needed to create wines of the utmost quality. The unspoiled cellars, which is more than a kilometre in length and 35 metres below deep ground, where lies the House’s precious stock of bottles. The conditions are ideal for the Champagne to age for many a long year.

LB132.jpg
2016 Aug (27).JPG
ABYSS IMMERSION LB (1).jpg
5I4A4491 - copie.jpg

アイ村のブドウ栽培家の出身であったルシアン・ルクレールが、キュミエール村で創業したの は1872年。家族の4世代目であるベルトラン・ルクレールが、1947年には早くも有機ワインの醸造を始めていました。1955年に現在のメゾンが建つエペルネのシュマン・ド・ラ・シ ョード・リュエルに移転し、ベルトランと妻ジャクリーヌ・ブリアンはルクレール・ブリアンを設立、この時RMからメゾンに移行しました。ベルトランは50年代にシャンパーニュで化学肥料や農薬の使用をやめ有機ブドウ栽培を行った最初のワインメーカーの1人であり、10年後にはすでにビオディナミによるブドウ栽培を試していました。ベルトランの息子パスカル・ルクレールは、85年にビオディナミを本格導入し、シャンパーニュのビオディナミへの道を切り開きました。2000年からすべての畑をビオディナミに転換。2010年までに主にキュミエール、オーヴィレー ル、ダムリー、ヴェルヌイユの村に約30ヘクタールのブドウ畑を所有し、この地域で最大のビオディナミシャンパーニュ生産者になりました。


残念ながら、2010年後半に真のシャンパーニュのパイオニアであるパスカルは早すぎる死を遂げてしまいました。彼の若い4人の娘はメゾンを続けることができず、30haの畑の約半分は主にランソンBCCグループとルイ・ロデレールに売却されました。ランソンはそこから、オーガニック認証のLANSON GREEN LABEL BRUT ORGANIC生産し、ルイ・ ロデレールの畑は2004年にデメテールの認証を受けLOUIS ROEDERER BRUT NATURE が生まれました。ルクレール・ブリアンはシャンパーニュで最大の単一のビオディナミプロデューサーであったため、ルイ・ロデレールは結果としてこの地域で最大のオーガニックおよびビオディナミシャンパーニュのメゾンとなりました。キュミエールの畑にはオーガニックやビオディナミ の先駆的な生産者が集まり、彼らの源流がルクレール・ブリアンでした。


ルクレール・ブリアンの畑は約13ヘクタールに減少しましたが、2012年にアメリカの投資家マーク・ニュネリーとデニ ス・デュプレが残された畑とメゾンを購入。高級ワインの世界で豊富な経験を持つシャンパーニュ出身のフレデリック・ゼイメットがジェネラルディレクターに、2008 年からパスカルに助言していたシャンパーニュの天才醸造家エルヴェ・ジェスタンがシェフ・ ド・カーヴになり、メゾンに新しい命を吹き込みました。ルクレール家の大胆で独創的な精神は今日も生き続けており、ビオディナミワインを生産するという伝統は、それ自体が目的ではなく、可能な限り最高品質のシャンパーニュを作り出す手段として受け継がれています。近年では、最高品質のワインを製造するために大幅な改装および改善を行われましたが、地下35メートルにあり長さ1 kmを超えるセラーはそのまま残されており、そこにはルクレール家の貴重なボトルが眠っています。このセラーはシャンパーニュが長期熟成するのに理想的な環境です。

エルヴェ・ジェスタンは妥協せずにワイン造りを進めており、グラ ンクリュ及びプルミエクリュの計14haの自社畑と、15haの契約畑はすべてオーガニックもしくはビオディナミの認証を受けています。ルクレール・ブリアンのようなメゾンは一般の人々によって形作られるものではなく、連続した5世代はシャンパーニュのオーガニック及びビオディナミブドウ栽培の真の革新者、パイオニアです。